アパレル・ファッション業界の求人・転職・派遣の株式会社ウインネット

アパレル生産管理の内部事情と今後について


【生産管理の勤務状況】

 

Q.勤務時間帯はどのくらいでしょうか?

A.生産管理の勤務時間はたいてい9:30~18:00くらいで労働時間は7.5~8時間が平均的です。
 

Q.休みはどのくらいありますか?

A.基本は土日休みで週休2日制のところがほとんどです。
会社によっては月に1、2回土曜日勤務のところもあるでしょう。
その他、夏季休暇、年末年始、年次有給休暇がとれる会社も多いです。
アパレル生産管理は規則正しいライフスタイルが送れることが、ほとんどです。
 

Q.残業時間はどのくらいでしょうか?

A.会社によりほとんど残業時間がないところや、1日1~2時間くらいなど会社により様々です。
工場の縫製納期の管理、いつ製品を納品できるか営業に報告等スケジュール管理をしなくてはいけません。中には縫製納期が遅れるなど、トラブルに見舞われることも少なくありません。納期遅れなど臨機応変に対応しなくてはなりませんし、ときによっては慌ただしく動くこともあるでしょう。

 

生産管理の1日流れ
9:30 出勤
    ・メールの確認・返信
 
9:50 朝礼・ミーティング
    ・その日の確認事項
 
10:00 生産ラインの確認
    製造計画通りに生産が進んでいるかの確認
    資材や副資材の発注

12:00 昼食

13:00 新しい商品の生産スケジュールの確認
    (既存の商品と並行できるか確認)
     デスクワーク
    (社内の会議資料・伝票整理等)

16:00 会議
    (社内営業やMDと新商品の生産に関する会議)

17:00 工場に出荷・梱包作業
    (生地・パターン・付属品・仕様書等)

18:00 退社
     なるべく残業にならないように帰ります。

 
 

【アパレル生産管理収入について】

 

Q.アパレル生産管理の平均年収はいくらくらいになるのでしょうか?

A.アパレル生産管理の平均収入は375万/年くらいになります。
年齢別に分けると、下記の通りになります。

25〜29歳 約340万円
30〜34歳 約380万円
35〜39歳 約400万円

年齢が高くなるにつれ経験を要するので高くなります。
アパレルでは生産管理はどの会社でも常に必要とされる業種のため、安定した収入が得られると言えるでしょう。

 

 
 

Q.アパレル生産管理は昇給はあるのでしょうか?

A.たいていの会社で年1回は検討されます。
会社の経営が良ければ昇給は見込めるでしょう。
ただ安定する業種の為、昇給はなかなか難しいのが現状のようです。
 

Q.またアパレル生産管理に転職して給料アップが見込めるでしょうか?

A.アパレルの製造工程や在庫管理、商品の品質管理や原材料・副資材の流れなど、多くの知識を必要とする仕事です。持っている知識が豊富であれば、転職のときに好条件の待遇で採用されることが多くあります。
またアパレル生産管理は国内に留まらず、海外にも工場がありますので英語や中国語など語学力があると転職の際、有利に働くことがあります。語学力があれば好待遇での転職が望めるでしょう。
 

Q.アパレル生産管理は賞与は出るのか?

A.6月と12月に支給される場合がほとんどです。
ただし雇用形態が正社員の場合で契約社員などの雇用では出る場合は少ないです。
支給額はその会社の売り上げ状況や経営状況にもよります。

 
 

【生産管理に必要なスキル】

 

Q.コミュニケーション能力はあった方がいいのですか?

A.主となる業務は納期・品質・コスト管理になります。得意先、仕入先の双方と調整して納期通りに指示した商品を生産しなければなりません。社内の企画・MD担当者と連携し得意先の要望を縫製工場へ伝える橋渡し役になるので様々な場面で臨機応変に対応できるコミュニケーション能力が必要です。いろいろな業務があり、それに携わる人も多くなるので素早い対応・確認行為を続けていれば自然とコミュニケーション能力が身に着くと思います。
 

Q.ファッションにおける専門知識どのくらい必要ですか?

A.専門知識といえば品質管理に必要な生地や縫製が代表的なものとなります。生地は大きく分けて天然繊維・科学繊維になり、それぞれの特性が分かれています。それらの特性を理解していないとより良い商品を作る上で重要な知識となります。縫製に関してですが工場によって得意なアイテムが異なるので生地や手法によって工場選定をする知識が必要となります。またロット(製品を作る場合の最小枚数)や設備(ミシンなど)なども考慮して選定する必要があります。
 

 

Q.全ての工程に関わる強い交渉力は必要ですか?

A.生産管理として一番重要な業務となりコスト(原価費用)をいかに抑えてより良い
製品を作るかによって収益性も大きく変わるので相手先との交渉がとても重要と
なってきます。縫製工場とは品質、納期を合わせてコストのプランを打診します。ブランドの特性上、
クイックレスポンス(時間的対応の短縮)であればより綿密に交渉してコストを算出しないといけません。
あと製品を作り上げる上で必ずトラブルがあります。なぜ、こんなことが起きるのかと
理解できないようなことが事例として頻繁にあります。このような時も得意先、仕入先の双方に交渉しトラブルを臨機応変に対応しなければなりません。
 

Q.語学力はどのくらいあればいいのですか?

A.最近では製品の原価率を抑えるため中国、アセアン等への海外生産が主流となっています。そのため中国語や英語が話せると非常に大きな武器となります。中国の大きな工場では日本語の話せるスタッフも多くなっていますが中小の工場ではまだまだ日本語が少ししか理解してもらえないところもあるので会話、専門用語が話せるだけでも大きな武器となるでしょう。話せなくても言葉の意味が多少、分かれば縫製仕様書なども細部まで指示が間違っていないか確認できます。

 
 

【生産管理の現状と今後について】

 

Q.IT化が進み生産管理のポジションは、今後どのようになりますか?

A.生産管理というポジションは製品作りをする上で必要不可欠な存在です。
生産計画の立案にはじまり、工程管理、品質管理、出荷管理など、製品づくりの最初から終わりまで全体を見て、スムーズな生産計画を整えていくことが求められます。
近年ではIT化の発達により生産管理システムの導入も取り入れられてきています。
うまく取り入れていけば業務の効率はよりよいものになります。
ただ、社内の製造、営業、計画といった他部門との調整や交渉事も多い職種であり、人間ならではの高いコミュニケーション能力が求められる場面も多々あります。
こういった理由で、IT化が進んでも生産管理職がなくなることはないと言えます。
 

Q.生産管理を経験してきましたが、海外への勤務も憧れています。生産管理も海外勤務が可能でしょうか?

A.近年では人件費を抑える目的から中国・アジアなどの海外に出張したり、そこに拠点を置く企業も増えグローバル化も進んでいます。生産管理職の志望者にとっては、活躍のフィールドが広がってきているといえるでしょう。
近年はアジア企業で日本人技術者に対するニーズが高くなってきているため、給与アップも可能となっています。英語はもちろん語学のスキルが高い人は、日本以外にもさまざまな場所で働くチャンスを多く得られるでしょう。
 

Q.生産管理の経験で可能なキャリアアップはどのような道があるでしょうか?

A.生産管理職は、要求されるレベルが高いことから、転職で一般的には転職が難しいと言われる40代以降でも求めている企業は多数あります。
経験を積めば、工場長や指導者とキャリアアップも可能です。
こういったポジションになると専門的な知識や高いスキルがある方を求める企業が多く、一般公募による募集は少めです。生産管理の転職をお考えの方は転職エージェントに登録し、転職支援してもらうことをおすすめします。

 
 

【生産管理 志望動機・アピールポイント】

 

履歴書でも面接でもなぜその職種を選んだのか、なぜその会社を選んだのかが重要なポイントになってきます。
下記に志望動機とアピールポイントのヒントを
 

【志望動機はどういったものがいいでしょうか?】

志望動機は未経験の人の場合、生産管理に興味を持ったきっかけから書きましょう。たとえば、「生産管理に関する本を読んで、興味を持った」「関連資格の勉強をしている」など学ぼうとしている姿勢を示すことが好印象につながります。「業務の核となる生産管理という仕事を、未経験でも受け入れてくれる貴社の教育体制に魅力を感じました。」等なぜ、その会社に応募したのか明確に説明できるようにしておきましょう。
会社のHPは面接前に予習するようにしましょう。

経験者の場合は人事が見ているのは「社風に合っているのか?」「長く働いてくれるか?」「うちの会社で、どのような能力が活かせるか?」の三点です。そのため今までの職場において「どのような働き方をしてきたのか?」「何を学んだのか?」をアピールすることが大切です。応募した会社で必要になってくるスキルと今まで経験した業務で活かせそうなことの共通点を探しアピールします。
 

【生産管理でアピールすると良いことは?】

・コミュニケーション能力
 生産管理は社内の営業、MD、パタンナー、外部だと生地屋、付属品会社、工場など多くの人と関わる仕事になります。
 人との関わりが好きであったり、普段よりコミュニケーションを取るのが得意な方はアピールになるでしょう。
 
・判断力
 出荷までの工程の中で、工場の納期遅れや販売日が変更されたり、製品不良があり出荷を停止されたりということもあります。
そのようなときは、納期を遵守するためにも、ミスがないように冷静に判断する必要があります。
そのため、臨機応変に対応する能力や、判断能力があることをアピールできると良いかもしれません。

・交渉力
 製品のコスト金額を決めるのは生産管理になります。例えば工場と工賃の値段交渉をすることがよくあるでしょう。会社のためには費用を抑えたいし、工場にはそれなりの品質の製品を上げてほしいので、工場の要求も聞きつつ、利益が得られる値段交渉が必要になってきます。
 過去の職で提案や交渉して成功した例もアピールになるでしょう。

・語学力
 商社は主にそうですが、海外の工場と取引している会社も多くあります。
 そのため業務で英語を使用されていた方は活躍の場は広がります。
 業務で仕様したことない方は留学経験(何かを勉強したか、どのような活動してきたかアピールすることが重要になります。)
 またTOEICの点数は英語の能力がどれくらいあるのか、すぐわかるのでアピールするとよいです。点数は600点以上あると望ましいです。

面接官は多くの人の面接しているためテンプレートのような志望動機では、すぐ、見抜かれてしまいます。
自分の経験に基づき具体的にアピールすることが重要になってきます。
他の人とは違う自己PRで面接官の心に響くアピールをすることが重要です。

 
 


アパレル生産管理の求人

 

【その他のエリア/生産管理】中目黒勤務:百貨店ブランドOEM生産管理

 

  • 東京都
  • その他のエリア
  • 契約社員

 

【原宿/アパレル生産管理】繊維専門商社勤務/メンズ・レディース ゴルフウエア(布帛)

 

  • 東京都
  • 原宿・代々木
  • 契約社員

 

【大阪/海外業務】テキスタイル品質・生産管理/アセアン地域へ長期出張あり

 

  • 大阪
  • 大阪府
  • 海外
  • 契約社員

 

【その他のエリア/アパレル生産管理】メンズ商品開発及び海外生産業務

 

  • 東京都
  • その他のエリア
  • 契約社員

 

【表参道/アパレル生産管理】OEM生産管理/セレクト系アパレル向け

 

  • 表参道
  • 東京都
  • 契約社員

 

【青山/アパレル生産管理】メンズ布帛OEM/ODM生産管理

 

  • 青山・外苑前
  • 東京都
  • 契約社員

 

【恵比寿/生産管理】大手SPA向けアパレル製品の生産管理

 

  • 恵比寿
  • 東京都
  • 契約社員

 

【原宿/アパレル生産管理】アメリカ西海岸のレディースブランド/OEM生産管理

 

  • 原宿・代々木
  • 契約社員

 

【その他のエリア/アパレル生産管理】品川・営業アシスタント/大手SPA向けの進捗管理

 

  • 東京都
  • その他のエリア
  • 契約社員

 

【表参道/アパレル生産管理】OEM生産・品質管理 大手小売アパレル向けカットソー

 

  • 表参道
  • 東京都
  • 契約社員


アパレル求人
TOPへ