面接の際の服装

担当者から、面接へ進んだとの連絡が!
いよい企業へ直接PRする流れに。

そこでよく、「どんな服装をしてゆけばよいか?」を聞かれます。

ここでは面接時の心構えなど共有してみようと思います。
是非、出会いの第一印象を良くすることにより、スムースな人間関係を築いていきましょう。

アパレル・ファッション業種専門の弊社ご登録の方がファッションに精通された方がほとんどだと思います。業種的な傾向としては、”スーツがマスト”ではありませんが、もちろんスーツは好ましい面接着としてご案内しています。

あなたの個性を活かしたファッションに、「オフィスカジュアル」「きれい目カジュアル」を意識したコーディネートでいらしてください。
女性ならば「アナウンサー風」ならより多くのシーンでも対応できるファッションとして理解しやすいかもしれません。


それほど大切な第一印象を、人間は案外断片的な要素から判断します。

視覚から87%、聴覚から7%の要素で決定されると言われる第一印象は、身だしなみ1つも大事なポイントになります。

身だしなみで避けたほうがよいもの

アパレル・ファッション業種専門のウインネットをご利用の場合、そのほとんどの方がファッションに精通された方がほとんどだと思います。

業種的な傾向としては、”スーツがマスト”ではありませんが、もちろんスーツは好ましい面接着としてご案内しています。
あなたの個性を活かしたファッションに、「オフィスカジュアル」「きれい目カジュアル」を意識したコーディネートでいらしてください。
女性ならば「アナウンサー風」ならより多くのシーンでも対応できるファッションとして理解しやすいかもしれません。

ファッション業界とはいえども、やはり最低限のマナーとして下記のものは避ける・隠すなど配慮しておくのがベターでしょう。

  • ジーンズ・デニム
  • 素足・サンダル
  • スニーカー類
  • タトゥ・刺青
  • ボディピアス

ウインネットへ本登録の際は、普段のあなたらしい服装でいらしていただいてかまいません。

 


私たちは初めて会う人に対して、「爽やかな人」とか「優しそうな人」など、様々な印象を瞬時に感じます。
時間にするとおよそ15秒で第一印象は決まるとも言われています。
はじめの挨拶には是非注目したいところでしょう。

人の印象を決める要素として、話し方や話すスピード、声の響き、表情やしぐさ、動作など様々なものがあげられますが、
その人の外見や装いといった視覚からの情報がその大部分を占めるといわれています。
しかも、五感の中でも視覚が占める割合は約87%を占め、目から入ってくる情報はとても重要であることが分かります。
是非、一度どんな表情で普段人と接しているか意識してみるのもいいでしょう。

美人だとかイケメンだとか、そういう容姿が重要というわけではなく、その表情やしぐさが印象付けには重要になります。

人は誰でも初対面であればあるほど、相手に対する不安感を持っています。
その不安感を除くポイントはあなたの表情です。

無表情であったり、にらみつけたり、目を見ないで挨拶した場合は第一印象が悪くなります。

節度がありながら親近感を与えられるよう、笑顔を心がけましょう。

自然な笑顔は、初対面の方に安心感や親近感を与えます。
自然な笑顔を浮かべるには、「目線は自然な高さに保って、目に力を入れずに相手を見る」ことと、「口元を心持ち引き上げる」感じにすると良いでしょう。

対人関係をスムーズにするコミュニケーションの基本として、「あいさつ」に関しては誰しもその重要性を認めるところです。

面接は担当コーディネーターが同行します。面接時、あなたをPRするサポートしてゆきます。

まずはじめの15秒、あなたのとびきりの笑顔での挨拶でアピールしてみましょう。

相手への思い遣りの心を言葉によって表す・・と考えると自然と人に対する言葉遣いが丁寧になります。

お願いする場合や、お断りする場合はには、直接用件を伝えると相手が不快に感じることが多いものです。
そのような場合には、マジックフレーズを使い、語尾を依頼の形に変えると柔らかい表現になります。

たとえば、「少々お待ち下さい。」は「大変恐れ入りますが、少々お待ちいただけますでしょうか。」に、
「タバコを吸わないでください。」は、「大変申し訳ございませんが、こちらでの喫煙はお控えいただけますでしょうか。」となります。

もちろん言葉だけではなく伝え方も重要ですから、感情や態度に申し訳ないという気持ちを込めて表現しましょう。